南フランスで、古い釣具を楽しむ釣り人の日記


by OldAngler

カテゴリ:Mitchell・オールドリール( 9 )

ミッチェル 300

e0173044_2522226.jpg

SOLD OUT
ミッチェル社の最も代表的なリール300、近年まで作り続けられたモデルですが、初期はハーフベールでした。これは初期のハーフベールでも3em(th)よ呼ばれるモデルで、1950年から53年に作られたと思われます。
後期のモデルとの相違点はハーフベールはもちろん、ハンドルの形状もこの3thモデルの特徴です。その他、機構については、300シリーズが後期まで大きなモデルチェンジを受けずに生産され続けていますので、一部のギヤのタイプや互換性が後期の近年のモデルと異なる他は、ほとんど同じ機能を持っています。
 さすがに古い時代のリール、それも当時としては高価な高級モデルだったのでしょうか、とても綺麗な塗装がされています。下地塗装、上塗りと重ね塗りがされていて、昔の高級な自動車のような塗装で仕上げられていますので、とても美しいリールです。

このリールは、傷、ペイントロスはありますが、年代を考えると比較的綺麗な方だと思います。
しかし、相当に使い込まれているようで、ベベルギヤの磨耗していて、とても大きなギヤノイズがします。リールのパフォーマンスを使い切るような実釣りには向かないでしょう。普段は棚に飾っているリールを、たまには、小物釣りに使いたいといった使い方が向いていると思います。
スペアスプールがついていますが、後期の台座がプラスチックになってからのスプールです。互換性には問題がありません。また箱もついていますが、補修のテープが張られていて綺麗ではありません。

SOLD OUT
大きい写真やデーターはこちらのサイトをご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。

私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

[PR]
by OldAngler | 2009-05-28 06:29 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 324

e0173044_517472.jpg

SOLD OUT
Mitchell 324、1967年から1986年まで作られた中型のリールです。
先日紹介した320とほぼ同じ大きさと形状ですが、ワンタッチで交換可能なスプールや金属製のローターなど、しっかりとした作りtなっています。308と300の中間のサイズのリールとして企画されたのでしょう。作りがしっかりしていて高級になった代償として重くなってしまったのは残念です。このリール、ベールの作り方が変わっています。一枚の板から打ち抜かれていて、細い部分は両端から巻いてオーバル状にしています。途中で溶接したりネジ止めすることなく、生産性が良いだけでなく、ラインの引っかかりをなくしオーバルの断面形状から決まった方向性にのみ強度を持たせる事に成功しています。

この個体は、かなり使い込まれていて多くの傷があります。それでも整備をまめに受けていたのか機構はしっかりしていて実釣りには問題ないのではと思います。価格は程度相応に安価になっておりますので、ちょっとミッチェルを使ってみたい、または324は珍しいので一つ持っていたいという方にお勧めです。


SOLD OUT
詳しい写真やデーター等は、こちらのサイトでご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います

[PR]
by OldAngler | 2009-04-20 06:31 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 320

e0173044_5113491.jpg

ミッチェル320、1965年から80年代初頭まで作られたミッチェルの小型スピニングリールです。
308と300の中間くらいのサイズです。304や308、300シリーズ等は、リールに拘り大事に使う方たちを考えて作られていましたが、この320は、いろいろな釣りに気軽にリールを使いたい多くの釣り人に向けて作られています。そのため、安価で軽く、荒い扱いにも耐える丈夫さを兼ね備えています。
ローターやボディの右側のカバーはプラスチック製となっています。コストダウンと同時に軽量化、そしてローターは荒く扱っても歪みにくいために、誰でも気軽にミッチェルを使えるように進化しているとも言えるでしょう。プラスチックを多様しているので高級感にかけるのですが、それもこのリールのコンセプトには似合っていると言えるでしょう。

この個体は、リールの性格通り、かなり多くの傷、ペイントロスがあり程度が良いとは言えません。それでも機構はしっかりしていて実釣りには問題ないのではと思います。価格は程度相応に安価になっておりますので、ちょっとミッチェルを使ってみたい、または320は珍しいので一つ持っていたいという方にお勧めです。


価格 4900円
詳しい写真やデーター等は、こちらのサイトでご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。
[PR]
by OldAngler | 2009-04-03 05:35 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 300

e0173044_7121137.jpg

Mitchell 300、ミッチェル社を代表するスピニングリール300。1946年から製造が始まり、約半世紀もの間、作られた続けたリールです。発売当初はハーフベールでしたが、50年代中ごろからフルベールとなり近年まで生産され続けました。
美しいミッチェル特有のデザインの中にユニークが機構が組み込まれています。時計部品製造の経験のある技術者の設計らしく8枚のギヤを組み合わせた倍速システム、ギヤに組み込まれたカムがプレートの溝を動くことで平行巻きを実現するオシュレート機構、この事態にワンタッチで取り外しの出来るスプールを採用するなど、当時としては革新的な技術といえると思います。

このリールは製造番号から1971年から72年製と思われ、フランスの古きよき時代の製品といえるでしょう。スペアスプールが付属していますが、スプール・ケースが割れてしまっているのが残念です。
傷やペイントロスはありますが、機構はしっかりしていて作動に問題はありません。


価格8600円
大きい写真やデーターはこちらのサイトをご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。

私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

[PR]
by OldAngler | 2009-03-14 07:35 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 306

e0173044_857073.jpg

Mitchell 306 Prince、ミッチェルの大型スピニングリール。
1958年から1986年まで製造されました。
大型スピニングリールで、インナースプールというのは、今となっては稀な存在でしょう。
プラチナマチックのモデルもあったようですが、強い引きを想定しているのか、クロスワインドが多いようで、この個体もクロスワインドとなっています。とても丈夫な作りのリールですので、かなりの大物とのやり取りも安心して行えるものと思います。

このリールは、傷やペイントロスも見られますが、大事に使われてきたようで外装も機関も程度がよくスムーズに作動します。即実践に使っても問題ないと思われます。スプールが赤く見えるのはプラスチックのインナーが装着されているからで、簡単に取り外し可能です。


価格 11500円
詳しい写真やデーター等は、こちらのサイトでご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います

[PR]
by OldAngler | 2009-03-13 09:09 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 358

e0173044_18505391.jpg

SOLD OUT
Mitchell 358 あまり有名ではありませんが、小型スピニングリールのハイスピードモデルです。
ボディは308と同じで、スパイラル・ベベルギヤを使い5対1のギヤ比となっています。スパイラル・ベベルギヤそれにハイスピードというとミッチェルの408となりますが、この358というモデルは1961年に登場していますで、408より2年前に発売されたという事になります。408が発売された後も併売され74年まで生産されているそうです。408との違いは、クロスワインドと色のみと思われます。プラチナマチックの408、クロスワインドの358といったラインナップだったのでしょう。プラチナマチックが有名なミッチェルですが、実釣の技術的な面を考えると、プラチナマチック、クロスワインド共に一長一短があり、釣り方によって好みの分かれる部分だと思います。そのために2種類を併売していたのでしょう。
しかし、大ヒットした308、408の影で、知名度がなく生産台数も少なかったようです。そのため現在ではとても稀なモデルと言えるでしょう。
Princeという表示、スプールの爪、タングステンカーバイドの固定ガイド等、初期の特徴を持っていますし、緑のノブなどは、CAP時代の古いミッチェルにも使われていましたので、昔の良い雰囲気を残しているリールと思います。

傷やペイントロスもありすが、外見だけでなく機構も比較的程度の良い個体で、使用には問題のないリールと思います。

詳しい写真やデーター等は、こちらのサイトでご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います

[PR]
by OldAngler | 2009-03-12 09:11 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 410

e0173044_536221.jpg

Mitchell 410、
ミッチェルの中型リール300のハイスピードモデルにあたる410、ダークブルーのカラーが美しいリールです。一般的がベベルギヤやウォームギヤではなく、8枚のギヤを組み合わせて倍速しています。(写真下参照) また特殊な形状のプレートとギヤを組みあわせてオシュレーション機構を行っていて、平行巻きを実現しています。
1966年から85年まで作られていたようで、この個体は、製造番号がEから始まっているので、76年製と思われます。
傷やペイントロス等は見られますが、年式の割には綺麗な方と思いますし、丁寧に使われていたようで機構はしっかりしているように思います。



価格9800円
大きい写真やデーターはこちらのサイトをご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。

私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

e0173044_5481716.jpg

[PR]
by OldAngler | 2009-02-28 05:47 | Mitchell・オールドリール

ミッチェル 304

e0173044_7524999.jpg

Mitchell 304、ミッチェルの前身ともいえるCAP社の流れを汲むリールです。
CAP社は1939年からリールを製造、このリールはその時代から作られていました。このリールは、ミッチェル社にて生産され304という名前になってからのものです。
構造はいたってシンプルですが、そのため耐久性がありとても軽量です。スプールのサイズも大きいので、いろいろな釣りに使えるリールと思います。

傷やペイントロスもありますが、年式の割には綺麗なリールと思います。
ハンドルに曲がりがあるようで、ベールを返したときに干渉する場合があります。そのためハンドルの裏側に深い傷があります。多少、ローターのガタが大きいように思いますが、歳を考えればしかたの無い程度でしょう。実際の使用も問題のない丈夫なリールです。


価格8600円
大きい写真やデーターはこちらのサイトをご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います


私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

[PR]
by OldAngler | 2009-02-24 08:07 | Mitchell・オールドリール

Mitchell 308

e0173044_7382996.jpg

ミッチェル308、小型スピニングリールの代名詞ともいえる有名なリールです。
50年以上前の設計ですが、今でも十分な実力の持ち主といえるでしょう。
Princeという表示、スプールの爪、タングステンカーバイドの固定ガイドなどから、かなり初期に作られた物と思われます。かなり古いリールで、傷等もありますが、年式を考えれば良いコンディションだと思います。
ローターヘッドとスプールがわずかですか干渉する箇所があり、多少の歪みとガタがあるのではと思います。

SOLD OUT
大きい写真やデーターはこちらのサイトをご覧ください。

作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

[PR]
by OldAngler | 2009-02-22 04:03 | Mitchell・オールドリール