人気ブログランキング |

南フランスで、古い釣具を楽しむ釣り人の日記


by OldAngler

カテゴリ:BRETTON・オールドリール( 2 )

e0173044_18203076.jpg


SOLD OUT

BRETTON 804、フランスのブレトン社が1956年から製造したリールです。
アルミ製のしっかりとしたボディ、カシメを使わすネジで組みたてる構造、ベベルギヤ、ローラーガイド(ガラス製と思われます)を使うなど、この時代としては、とても凝った作りのリールです。私の好きなデザインで、この時代のフランスには良いリールがたくさんあったのだと関心させられます。

傷やペイントロスはありますが、とても丈夫な作りのリールですから、機構には問題はなく、すぐにも実釣に使えると思います。



詳しい写真やデーター等は、こちらのサイトでご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷やペイントロスなどもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

by OldAngler | 2009-03-04 07:19 | BRETTON・オールドリール
e0173044_22392064.jpg

ブレトン社のクローズドフェイス・リール”BRETTON 500”
BRETTONはフランスの会社で、1952年から1992年までリールを製造していたそうです。
リールよりもブレットンと呼ばれるスピナーが有名と思います。

BRETTON 500は、少し大型のリールですが、大きさの割りに軽く作られています。
クローズドフェイスの欠点の巻上げ量をカバーするために大きくなっているのでしょう。
糸を平均に巻くオシレーティング機構が変わっていて、スプールが前後するのではなく、ローターが動きます。固定されたスプールにドラグが効いていますので、スピニングのようなドラグ性能が期待できます。
黒いカバーを手前にスライドさせる事がスイッチとなって、ピックUPピンが引っ込んでフリーになります。またフリーにするのはハンドルが後方にあるときだけ可能となっています。ハンドルが後方にある時は、ローターが前に出てスプールが露出しているので、この手のリールにある飛距離の問題にも上手く対処しています。
ある資料によれば、1967年に発売され大ヒットしたリールだそうです。


BRETTONは、スピナーのブレットンと同じですが、よりフランスの発音に近いブレトンと記述しました。


価格 6800円
詳しい写真やデーター等は、こちらのサイトでご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。すり傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。
私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

by OldAngler | 2009-02-22 22:56 | BRETTON・オールドリール