南フランスで、古い釣具を楽しむ釣り人の日記


by OldAngler

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ABU 501

e0173044_7254684.jpg

ABU501  500シリーズの中でも後期の78年に登場して80年代初頭までの短い間のみ生産されたリールです。日本で販売された数が少ないようで、有名な505や506等と比べ知名度の低いリールです。
クローズドフェイス・リールは、構造上ハンドル部分にドラグを組み込むようになっていて、スプールにドラグがついているスピニングリールと比べ、そうしてもドラグの動きが不自然になってします。そのため505のシンクロドラグや506等のオートシンクロでドラグの弱点をカバーしたのがABUのクローズドフェイスリールでした。この501は、ドラグそのものを取り払ってダイレクトドライブ風にすることで、全く異なるアプローチをしたリールです。ダイレクトドライブといえば両受け軸のベイトリールと決まっています。ドラグがなく逆転させることで魚とのやり取りをするのですから、サミングで調整できるベイトリールでないとダイレクトリールは成立しないはずです。そこでこの501は、逆転する時にだけ負荷がかかるようにしています。その負荷の調整はバンドルのノブで行うようになっています。シンクロドラグは、逆転の具合でドラグの強弱が変わるので細いラインを使ってギリギリのドラグ調整は難しいのですが、この501なら指定した負荷を設定できるので、ワンサイズ細いラインを使う事が可能になると思われますので、実釣には、かなり有効なシステムと思います。

この固体、傷は時代相応にありますが、大切に扱われていたようで、ガタも無く機構的には、とても良い状態です。

SOLD OUT
大きい写真やデーターはこちらのサイトをご覧ください。


作動確認はしておりますが、オーバーホールはしていません。傷などもありますので、コレクション等、完璧を求める方には向かないと思います。

私個人としては、そのまま実釣に使われても問題ないと考えていますが、古いものですから突然に壊れたりする事もありえると思います。リールの修理等、多少の心得のある方でしたら、楽しんでお使えいただけると思います。

[PR]
by OldAngler | 2009-09-18 06:35 | ABU・オールドリール